社長のブログ過去記事

2014/02/27
心の支え

最近は葬送の自由化が謳われ、

さまざまな形式の葬儀やお別れの会が執り行われておりますが

やはり葬儀と言うものは、原理原則 宗教儀礼であると思っております。

各お家ごとの宗旨・宗派で営まれますが

それぞれに葬儀の意味合いや作法が異なり

私たちプロはすべてに精通しておらないといけません。

とは言うものの、お式の最中は四方八方に気を配るため

ついついお経の流れなどを見失ってしまうことがあります。

そういうときのために私は宗派ごとの経本を常に携えています。

そしてお経の意味に思いを寄せながら、

心静かにお式に立ち会うように心がけています。

この一冊があれば、どんな突発的なことが起こっても慌てることなく対処できます。

私の心の支えであります。