社長のブログ過去記事

2013/12/21
ある日のお別れ…

大正の終わり 銭湯を営む家の二男として生まれました。

男5人女5人兄弟の3番目でした。

何事にも真面目だった少年は、長じて宮崎師範学校を出て

教職の道を志しました。

戦前は国民学校に奉職し

戦後は中学の教師として教壇に立ちました。

やがて教頭、校長職を務め

退職後は、宮崎市の社会教育指導員や、県史編纂の仕事に携わりました。

また地元の自治会長や民生児童員としても地域に尽くしました。

教育 研究 奉仕の人生と言えましょう。

結婚はお見合いをして、即決だったとか…。

恐らく一目ぼれだったに違いありません。

多彩な趣味が人生を彩りました。

絵画 切り絵 彫刻 球技 旅行 等々…。

脳梗塞で倒れてからも、大好きな旅行に出掛けるなど

常に明るく、前向きな生き方を貫きました。

決して平坦な道ばかりではなかった故人の人生でしたが

喜びも悲しみも優しい笑顔の中に納め、89年の人生を全うしました。

葬儀の最後は、思い出の家族旅行となったディズニーランド

エレクトリックパレードのマーチに乗っての、華やかな旅立ちでした。