社長のブログ過去記事

2013/09/24
日蓮宗の御葬儀

13-9-24(火)

 

おはようございます。

 

今日は日蓮宗の葬儀司会をいたします。

 

 

日蓮宗の葬儀とは…

 

魂が身体から離れ 

み仏の世界…霊山浄土へ旅立つ儀式です

 

御葬儀では

故人が穏やかにこの世を離れ

清々しい気持ちで旅立つよう作法が行われます

 

 

(1)勧請(かんじょう)

仏 菩薩 神々を葬儀場にお迎えいたします

 

(2)読経(どっきょう)

お経を聞くことで 故人はみ仏に包まれ 

安らかな境地に入ります

 

(3)引導(いんどう)

故人が この世に別れを告げ 

新たな気持ちで み仏の世界に向うよう導きます

 

(4)法号(ほうごう)

日蓮聖人の教えを信じる者が

み仏の世界に向うにあたって授けられる名前が…

法号(法名 戒名とも言います)

 

(5)焼香(しょうこう)

香をたむけ み仏の世界への旅立ちを祈ります

 

 

(6)唱題(しょうだい)

「南無妙法蓮華経」のお題目を唱えるうちに

故人も 送る側の人も

大いなるみ仏のもとに ひとつになります

 

(7)回向(えこう)

み仏とひとつになった喜びを すべてのものに捧げます

そして 故人は喜びに包まれながら

み仏とともに 霊山浄土へ旅立ちます

 

【立正寺様のご指導より抜粋しました】

 

 

以上の儀式が限られた30分程の時間の中で行われます

 

 

最近御葬儀では 

故人やご家族の思いに沿った様々な演出が行われますが

 

 

ふじもと美誠堂では

演出は極力

御導師のいらっしゃらない時間に行い

宗教儀礼としての 

原理・原則だけはきちんと守ろうと努めています