社長のブログ過去記事

2013/05/15
5月15日 おはようございます。

13-5-15-01

 

?ある日のお別れ?

 

 

 

結婚後 長男ができて 家族3人で満州へ渡りました

 

戦争に負けました

 

命からがらの 逃避行が始まりました

食うや食わずの毎日でした

死を感じる毎日でした

 

途中 1歳の二男が亡くなりました

帰国後 生後4か月の長女も病死しました

 

 

世の中が落ち着きました

 

 

 

教師だった夫を支え 

本土で生まれた3人の子供たちを育てる中

 保険会社に勤めました

 

 

時が流れました

子供たちも育ち 穏やかな余生が待っていました

 

 

 

振り返ると96年の長い長い道のりでした

 

 

その最期に 

命がけで育てた長男が 1曲の歌を朗々と唄ってくれました

 

 

時代に翻弄された自分の人生を振り返りながら

母への鎮魂歌でした

 

 

今日まで この親子はどんな思いで生きてきたか…

そう思うと 式場は静まり すすり泣きが聞えました

 

 

 

その曲は…

さだまさし「生命の理由」(いのちのりゆう)

 

 

 

お聴きください→http://www.youtube.com/watch?v=ZIXN6QItDK8