社長のブログ

社長のブログ
2020/06/17

 

この夜もいつものようにクラフトビールでキックオフ!

 

 

 

 

妻・シューシェフの作品は…

 

 

ピンチョス

 

 

和風ピザ

 

 

命の水はアルザスの…ロゼかな…白かな……

 

 

 

ホームシアターは…

 

「わたしは、ダニエル・ブレイク」

 

 

2016年制作のパルムドール受賞作です。 💡 

 

 

英国における貧困層の実態を赤裸々に描いた作品。

 

 

失業手当、保険など社会保障の手続きの煩雑さは、

コロナ禍における日本の現状がオーバーラップしてきました。

 

 

移民系と思われる若い女性が、

二人の子供を抱えて(それぞれ肌の色が違うので、別々の夫との間の子か?)生きていく難しさ。

それに寄り添おうとする主人公の葛藤。

 

 

親子ほど年の離れた男女の、よくある年の差婚的恋愛表現はいっさいありません。

 

 

自分の失業手当さえもらえない主人公が、必死に若い女性の家族に手を差し伸べます。

その健気で義侠心溢れる姿に胸を打たれると同時に、

「お前ひとの世話どころじゃないやろ!」と…なにやら哀れさを禁じえません。

 

 

現在英国のアングロサクソンは少数派になったそうです。

今や人種のるつぼと化した英国が抱える社会問題に対し、ストレートにメスを入れた佳作でした。

 

 

採点は4.0の高得点‼

 

 

 

 

 

 

ノエル

「ボクはおとうたんと晩酌できれば…それだけで幸せだじょ…」

 

2020/06/17

 

 

二男ミッチーが所属する「FC西宮」の活動が始まったようです。

 

 

ミッチーのテンションもかなり上がってきました。

 

 

 

 

 

 

 

ノエル

「ボクのドッグランも活動全開だじょ…」

 

2020/06/17

 

 

私と同世代の方のご葬儀でした。

 

 

 

献奏されたのはどれもが懐かしく、そして今でも歌い継がれている曲ばかりでした。

 

 

「ユーミン」さん

最初に聴いたのは「荒井由美」時代でした。

 

 

 

山下達郎さん

「俺たちひょうきん族」のテーマソングも思い出されます。

まだラジオのDJやっているのでしょうか?

 

献奏に耳を傾けていたら色んな思い出がよみがえりました。

 

 

 

 

 

 

 

ノエル

「ボクは歌詞の中に犬が出てくる…雪やこんこん…が大好きだじょ…」

 

2020/06/16

 

 

↓コレは仕出し屋さんのお持ち帰りじゃないですよ。

 

妻シューシェフの作品です。

 

 

この日はノンアルコールでホームシアター

 

「パリの灯は遠く」

 

 

私の一番好きな俳優・アラン・ドロンが初めてカズデミー劇場に登場。

 

 

銃を持たない、人を殺さない、アラン・ドロン。

 

 

自分の名をかたる男のためにユダヤ人と間違われ、

階段を転げ落ちるように人生が一変してしまう男を好演しています。

 

 

果たしてアウシュビッツ送りから逃れられるのか…

 

 

ラストシーンは必見ですよ。

 

 

娯楽性は少ないけど見ごたえ十分 3.4 💡 

 

 

 

 

ノエル

「ボクもラストシーンにはビックリして…こんな格好になってしまったじょ…」

 

2020/06/16

 

 

久しぶりに「良き隣人」とジョイントしました。

 

 

 

ワインオープンの儀式

 

 

 

妻シュー様の作品は…

 

 

ピンチョス

 

 

ローストビーフ

 

 

パエリア

 

 

 

そして「スナック階段」でカラオケタイム

 

 

 

 

 

 

 

 

もうかれこれ20年以上の付き合いですからね…

気兼ねのない楽しいひとときでした。

 

 

 

 

 

 

ノエル

「おとうたんたちがうるさくて眠れなかったじょ…」

 

 

2020/06/16

 

 

バイト先でもらったポットだそうで、なにやらブランドものらしいですよ。

 

 

授業はオンライン、バイトも休業と言うことで、ますますサッカー熱が高まって来たようです。

 

 

誕生祝のお祝儀で西宮のスポーツジムに入会したとか…。

 

 

 

 

 

 

ノエル

「ボクもそんなバイト先探してるところだじょ…できれば食事付きでお願いちまちゅ…」

 

2020/06/15

 

 

エールビールでキックオフ 💡 

 

 

 

エビスからキリンへ…

 

 

 

メインはシューシェフ自慢のグルテンフリーとんぺい焼き

 

 

ホームシアター

 

「シン・シティ 復讐の女神」

 

 

シリーズ第2作ですが、前作に全く引けを取らないド迫力。

 

 

娯楽アクション撮るならここまでやってほしいよね。

 

 

オールスターキャストが縦横無尽に暴れまわりますが、エヴァ・グリーンの存在感が他を圧してました‼

 

 

バイオレンス好きならだれでも楽しめる 3.8 💡 

 

 

 

 

 

ノエル

「ボクはこの映画おそろしくて…ずーっとここに隠れてたんだじょ…」

 

 

2020/06/15

 

先週から世の中が随分動き出しました。

 

 

◆(月)/シュー弁

アルテ宮崎駅東でのご葬儀を勤めたあとホールでいただきました。

 

 

 

◆(火)/ロータリーランチ/宮観

2か月ぶりにロータリーの仲間たちとランチをともにしました。

 

 

 

◆(水)/おくのうどん

お客様訪問の途中、当社のお客様のお店に伺いました。

 

 

 

◆(木)/シュー弁

虹の家でのペット葬を勤めたあといただきました。 

 

 

 

◆(金)/シュー弁

この日は夕方近くまで本社に監禁され会議や打合せの連続でした。

 

 

 

◆(土) おしんこピラフ/シュー様作

朝からトラブル発生。

いきなりスマホの画面が映らなくなり、ショップと自宅の往復でした。

 

 

 

◆(日) シュー弁

梅雨の間隙をぬってドッグランに行きました。

 

 

 

 

 

ノエル

「この緑のスティックは歯磨きでちゅ…おとうたんもご飯のあとはきちんとハミハミするんだじょ…」

 

2020/06/15

 

 

コロナ対策として始まったのが「親族通夜」です。

 

 

 

葬送で一番混み合うのが、お通夜の読経時間(お経の上がっているとき)でした。

 

 

 

「親族通夜」とは密集を避けるために、

弔問時間より1時間ほど早くご親族にお集まりいただき、お経をあげていただくのです。

 

 

 

一般弔問客は来館するとすぐに焼香ができるため、

ご遺族へのご挨拶を済ませて、速やかにお引き取り頂くことができるようになりました。

 

 

 

もちろん、お残りいただきゆっくり故人を偲んでいただくことも可能です。

 

 

 

この方式によりお通夜時の混雑が随分緩和されました。

 

 

 

県北ではコロナ前からこういう習慣だったそうですが、

宮崎市内でも増えていくのではないでしょうか。

 

 

 

コロナによって生まれた新しいお別れの形のひとつになりそうです。

 

↑「親族通夜」のあと、一般のご弔問を受けている様子。

三密を避けることができるようになりました。

 

 

 

 

 

ノエル

「ボクの親族通夜には…おとうたんとコアラくんに参列してもらいたいでちゅ…」

 

2020/06/14

 

 

今回はとびぬけた作品がなく、少々レベルの低い大会となりました。

 

 

 

◆「あの日のように抱きしめて」

 

 

 

◆「ノッキン・オン・ヘブンズ・ドア」

 

 

 

◆「マネーボール」

 

 

 

◆「男たちの挽歌」

 

 

 

◆「沈黙-サイレンス-」

 

 

 

◆「π」

 

 

受賞はコチラ…

 

 

◆作品賞 「マネーボール」

 

◆監督賞 トーマス・ジャン「ノッキン・オン・ヘブンズ・ドア」

 

◆脚本賞 「あの日のように抱きしめて」

 

◆主演男優賞 ブラッド・ピット「マネーボール」

 

◆主演女優賞 ニーナ・ホス「あの日のように抱きしめて」

 

◆助演男優賞 ジョナ・ヒル「マネーボール」

 

◆助演女優賞 ニーナ・クンツェンドルフ「あの日のように抱きしめて」

 

 

 

 

ノエル

「映画に興味がないので寝てまちた…」

 

2020/06/14

 

 

2か月ぶりに宮観に行きました。

 

 

懐かしいなあ…落ち着くなあ…。

 

 

 

 

でも会場はご覧のように究極の三密回避スタイルでした。

 

 

 

この日は宮崎県葬祭事業協同組合が加盟する中央会の総会があったのです。

 

 

 

 

久しぶりに「カミってる」さんに会いましたが、

髪染めをやめたそうで、すっかり「カミいってる」さんになってましたよ(笑)

 

 

 

 

 

ノエル

「そのおじちゃん…ボクとおんなじ髪の色してるね…」

2020/06/14

 

 

ステイホーム中は家の中でカラオケしてました。

 

 

 

BGMは妻・シュー様のピアノ演奏か、Beatsのスピーカーにユーチューブを飛ばしました。

 

 

 

音響は浴室より…

 

 

 

吹き抜けの階段の下の方がいいことに気付きました♬

 

 

 

 

ノエル

「おとうたん…ゆうべはうるちゃかったじょ…」

 

2020/06/13

 

 

 

この日はノンアルコールデーでしたので、妻・シューシェフのトンカツを食べたら…

 

 

 

ホームシアタースタート

 

「π」(パイ)

 

 

アレノフスキー監督(「レスラー」「ブラックスワン」)の実験的作品にして出世作と言われています。

 

 

内容はかなり難解です。

 

 

天才的なIQを持つ主人公が、数字の魔力にとりつかれ精神の異常をきたします。

そしてある日自らの頭にドリルを突き刺し自殺を計ります。

 

 

幸い一命は取り留めますが、特殊な数学的能力を失います。

そんな彼に待っていたのは、普通の穏やかな日々でした。

 

 

私にも異常なほど高いIQを持った友人がいます。

映画の主人公は数字のことを考え過ぎると鼻血を出してしまいますが、

その彼はいつも大量の汗をかいてます。

 

 

娯楽性0の暗い作品で…3.0でした。

 

 

 

 

 

ノエル

「ボクもいま数字にとりつかれてるんだじょ…」

 

 

2020/06/13

 

 

蒸し暑くなってくるとビールの出番が増えてきます。

 

 

妻・シューシェフの作品は…

 

タコのピンチョス

 

 

 

 

 

 

肉の塊に下味をつけたあと、炊飯器で作ったと言うローストビーフ。

これはプロ並みの美味しさでしたよ。

 

 

 

 

ノエル

「確かにワインにマリアージュしてたじょ…飲んでも食べてもないけど…」

 

2020/06/13

 

 

この日のご葬儀では故人の手芸作品が、メモリアルコーナーに展示されました。

 

 

 

まるでプロの作品かと思わせようなものばかりでした。

 

 

 

趣味がその人の人生を色濃いものにしてくれます。

 

 

 

 

 

 

ノエル

「ボクは大好きなおもちゃを展示してもらうんだじょ…」

 

2020/06/12

 

シューシェフの作品は…

 

 

モッツァレラチーズのサラダ

 

 

 

ポークソテー

 

 

 

ロワールの赤

品種はピノ・ドニスとガメイでした。

 

 

 

ホームシアター

 

「沈黙-サイレンス-」

 

 

 

超難しい映画を選んでしまいました。

 

 

マーティン・スコセッシ力み過ぎか…

 

 

「長い 暗い 面白くない」…

 

 

それにしても、日本人の遠藤周作はどうしてこのような自虐的な小説を書いたのでしょう?

あまりにも一方的に日本人のことが悪く表現されています。

 

 

外国人から見た日本ならば納得できますが…

どうにもストレスのたまる作品でした。

 

 

 

私も「沈黙」してしまい…3.0点

 

 

 

 

ノエル

「ボクもイチゴがほちくても…「沈黙」を守ってるんだじょ…」

 

 

2020/06/12

 

 

ジョギングするときはユーチューブで「虎ノ門ニュース」を聴くようにしています。

 

 

 

地上波では決して知りえない、興味深い情報を得ることができます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ノエル

「お散歩のとき聴きたいけど…ボクの耳に合うイアホンが見つからないじょ…」

 

 

 

2020/06/12

 

 

アルテ本郷でのご葬儀のあと、

田吉交差点にあるお客様のお店でランチしました。

 

 

 

店内は結構なおにぎわいで、コロナ前の風景が戻ってきました。

 

 

 

 

 

ノエル

「ボクもこの日は外食だったじょ…」

2020/06/11

 

 

この夜のシューシェフの作品は…

 

 

ピンチョス

 

 

グルテンフリーのシーフードパスタ

 

 

命の水はオーストリアの白にしました。

 

 

 

ホームシアターは…

 

「男たちの挽歌」

 

 

 

1986年の香港映画。

監督は巨匠ジョン・ウーで、フィルムノワールの金字塔という触れ込みでしたが…

 

 

 

ごめんなさい!

 

 

 

途中からずーっと笑ってました。

どうしてもコント映画にしか見えなかったのです…

 

 

 

なぜならば主役のチョウ・ユンファが、

あまりにもコメディアンの「劇団ひとり」に似ていたからです。

 

 

 

「劇団ひとり」が世に出る前に観ておくべき作品でした。猛省します。

 

 

 

追伸:弟役のレスリー・チャンも「木村一八」に見えて、

映画に没入するのをかなり邪魔してくれました。

 

 

 

 

一生懸命製作してくださった映画関係者や、ファンの方には申し訳ありませんが 2.8点献上でご勘弁ください。

 

 

 

 

 

 

 

ノエル

「ボクも映画の中のおじちゃんたちみたいに…ブスっと刺されたんだじょ…」

 

 

2020/06/11

 

 

宮崎ではコロナも少しずつ落ち着きを見せてきたようですが、都心部ではまだまだ油断できない状況のようです。

 

 

今月届いた業界誌は編集時がちょうどコロナのピークだったためか、話題はコロナ一色でした。

 

 

 

 

 

ノエル

「ボクも三つの密を避けて…蜂蜜ばかり食べてまちゅ…」