社長のブログ

2020/07/17
③「127時間」

 

 

ホームシアター…

 

「127時間」2010年/アメリカ映画

 

 

 

これは観ていてホント息苦しくなる映画です。

心臓の悪い人には勧めません…まあ私自身が心疾患を持ってますがね…。

 

 

女子大生にチヤホヤされていい気になっていたロッククライマーが主人公です。

 

 

 

その男がたった一人でグランドキャニオンの谷間を巡るうちに、

ちょっとした油断が原因で、片腕を山と山の間のすき間に挟まれ身動きできなくなるんです。

 

 

砂漠のど真ん中ですからハゲタカ以外何物も通りません。

 

 

岩間に中吊りなったまま地獄の5日間が続きます。

 

 

飢えや乾き、そして恐怖…ありとあらゆるものが男を襲います。

 

 

そして5日目に男は助かるためにとんでもない行動に出るんです。

 

 

これ、実話らしいですけど…と信じられません。

私には無理です…絶対できません。

 

 

上映館では失神者が続出したと言う曰く因縁付きのこの作品。

アカデミー賞では作品賞にノミネートされたとか…。

 

 

勇気のある人はご覧ください。

でも決して私を恨まないでくださいね。

 

監督 ダニー・ボイル「スラムドッグ・ミリオネア」

 

得点3.6… 💡 

 

 

 

 

 

 

 

ノエル

「ボクもクッションの谷間にはさまれたじょ…」