社長のブログ

2020/07/11
③「プレシャス」

 

6月…私の誕生日の夜…

 

 

この日もクラフトビール

 

 

 

 

 

 

シューシェフが腕を振るってくれたのは…

 

 

カルパッチョ

 

 

グルテンフリーのキノコパスタ

 

 

 

ワインはオーストラリアのセミヨンを開けました。

 

 

 

 

ホームシアターは…

 

「プレシャス」

 

 

 

この日は誕生日でしたのに、よりによって救いようのない重たーーーい映画を選んでしまいました。

 

 

アメリカが抱える黒人貧困問題に切り込んだ作品です。みんなどうしようもなく不幸なんですよね。

 

 

その原因はほぼほぼ出自で決まってしまっていて、親の収入、家庭内暴力、ネグレクト、教育…ひとつひとつが重くのしかかっています。

 

 

親から子へ、子から孫へと負の連鎖が続いて行きます。

 

 

ストーリーは重苦しいながらも俳優陣はいずれもアッパレ!

 

 

特にコメディアンのモニークが最低の母親役を見事に演じ切り、オスカーもヒクカーも受賞しています。

 

 

 

またマライヤ・キャリーがノーメイクの薄化粧で出演しているのも見どころです。(美人はやっぱり得ですね)

 

 

なかなかの力作で3.8点 💡 …ですが…もう二度と見ないでしょう(笑)

 

 

 

 

 

ノエル

「↑の映画のポスターみたいに抱っこしてもらったじょ…」