社長のブログ

2020/07/05
①「パリ、テキサス」

 

こう蒸し暑くなってくるとワインよりクラフトビールに浸ってます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ポテトフライ

 

 

コールスロー

 

この日のメインは…

トルティーヤでした

 

 

 

ホームシアターは…

 

「パリ、テキサス」

 

 

 

ロードムービーの金字塔と言われている作品です。

 

 

 

でも、1984年作はいかにも古すぎました。

 

 

 

ちょっと賞味期限切れてましたねえ…残念ですし…申し訳ございません。

早くに観ておくべきでした…。

 

 

 

やはり若いうちに観た古い映画だけが、何度も見返すことになるんでしょうね。

ちなみに私の場合それは…「ゴッドファーザー」「大脱走」「太陽がいっぱい」…。

 

 

 

そこで宣言‼

 

 

 

このカズデミー賞は2000年以降の作品限定にすることにします。

旬を過ぎて見ては作品や作者、ひいてはファンの皆様に申し訳ないからです。

 

 

 

ちなみにこの作品での発見。

主人公の弟役で出ていたディーン・ストックウェルですが、刑事コロンボシリーズにも2度ほど出演していました。

 

 

 

特に印象に残るのはロバート・ボーンが犯人役を演ずる「歌声の消えた海」で、殺された女性シンガーに恋するバンドマン役をしています。

このバンドマン、ロバート・ボーンから犯人に仕立て上げられピンチに陥るんですよ。

 

 

 

↑↑↑このように、若い頃観た作品だけがいつまでも輝き続けると言うわけです。

 

 

 

残念ながら3.0…。

 

 

 

 

 

 

ノエル

「この映画のパリってテキサスにある町の名前なんだってね…映画観てないけど…」