社長のブログ

2020/07/03
①「ネブラスカ ふたつのこころをつなぐ旅」

 

 

この日のシュー食堂はノンアルコールでカレーライス。

 

 

ユーチューブでレシピを研究したそうで、

夏野菜とミンチ肉がたっぷり入った味わい深い一品でした。

 

 

 

ホームシアターは…

 

「ネブラスカ ふたつの心をつなぐ旅」

 

 

 

これは間違いなくロードムービーの傑作です。

 

 

 

年老いた父ウディ(ブルース・ダーン)は宝くじに当たったと錯覚し、数千キロ離れた街まで賞金をもらおうと歩いて行きます。

そしてその途中、警察に保護されます。

多分、少し認知が入っているかもです。

 

 

 

そこでしばらく疎遠になっていた二男デイヴィッド(ウィル・フォーテ)が登場し、

父の夢にお付き合いする形で、長い長い車での二人旅が始まります。

 

 

 

途中、家族の思い出の場所など訪ねながら珍道中は続きます。

行く先々でウディが問題を引き起こしますが、親子の絆が深まっていくと言うわけです。

 

 

 

ストーリーはいたってシンプルですが、ブルース・ダーンの圧倒的な演技力で、

シュー様のカレーのような深い味わいの作品に仕上がりました。

また、脇を固める俳優陣も、誰もが印象に残るキャラクターばかりです。

 

 

 

若い頃は西部劇の悪役等が多かったブルース・ダーンですが、

すっかりおじいさんになっていて、オスカー級の演技を披露してくれています。

 

 

 

とにかくお腹を満たそうと駆け込んだ大衆食堂で頼んだカレーライスでしたが、

専門店顔負けの本格カレーに出会ったような作品でした。

 

 

 

惜しむらくは、敢えてモノクロ作品にしたのでしょうが、

雄大なアメリカ中西部の大自然をカラーで観たかったと思った次第です。

 

◆カズデミー賞でも受賞候補作です 4.0の高得点。 

 

 

 

 

ノエル

「ボクもおとうたんとふたりでドライブ旅行にいきたいなあ…疲れたら運転変わってあげるから…」