社長のブログ

2020/06/29
③「15時17分、パリ行き」

 

 

ウエイトコントロールをしているので、

シューシェフに頼んで軽めのメニューにしてもらいました。

 

 

↓は前日の残りもの中心

 

 

フランス・ラングドックのシラー、ムールヴェードル。

ビオなので飲みやすかったです。

 

 

ホームシアターは…

 

「15時17分、パリ行き」

 

 

クリント・イーストウッド監督はまたまた心に残る作品を世に出してくれました。

 

 

ただしレビューを見ると賛否両論あるようですが…私は「感動しました。」

 

 

本人役で出演している素人さんたちもいいんじゃないですか。

特にスペンサー役の人。

 

 

幼なじみ三人でのヨーロッパの旅は、

「ノッキン・オン・ヘブンズ・ドア」よりも若者同士の友情や輝きが上手く表現されていました。

 

 

クライマックスでの電車の中での格闘の迫力なんか、

「ロシアより愛をこめて」や「アメリカの友人」を上回っていましたもんね。(時代が違うと言えばそれまでですが…)

 

 

最後、オランド大統領のスピーチでは、思わず目頭が熱くなってしまいました。

 

 

高得点の4.0 💡 

 

 

 

 

 

 

ノエル

「ボクは寝台車に乗っていた気分だったじょ…」