社長のブログ

2020/06/20
①「世界のニュースを日本人は何も知らない」

 

 

知らないことばかりで、目からウロコの一冊となりました。

 

 

◆海外からの日本のイメージ

→①少子高齢化で下り坂を転げ落ちつつある国

 ②失われた20年間で課題への対策を怠った国

 

 

 

◆国を豊かにするのは「高学歴移民」

→①高齢化は移民を必要とする

 ②出生率の低下で働き手が不足

 ③世界経済で戦うためには多様化は必須→多様性を受け入れない国(町)に未来はない

 

 

◆AIは現時点では思ったほど頭が良くない

→人間の感情を扱うような仕事は不向き→経営コンサルタント、カウンセリング、教育、占い、服装の相談…

 

 

 

◆日本企業の採用方法はAI時代に合わない

→評価ポイント…いままで→「出身校、学歴」  これから→「問題解決能力、創造性」

 

 

◆幸福を決めるのはお金ではない

→年収1000万円を超えると幸福度は高まらない

→人生の幸福度を決めるのは…「自己決定権があること」→司祭、企業幹部、農業、園芸、企業秘書、エンジニア、品質管理者、教員、看護師、医療技師、監査人、財務管理者、データサイエンティスト→収入でなく自己決定権の大きさ

 

 

 

 

 

このほかにも有益な情報満載の一冊でしたので、大学生の二男に推薦しました。

 

 

 

 

 

 

 

ノエル

「その本に書かれてることなら…ほぼほぼ知ってることばかりだったじょ…字読めないけど…」