社長のブログ

2020/06/17
③「わたしは、ダニエル・ブレイク」

 

この夜もいつものようにクラフトビールでキックオフ!

 

 

 

 

妻・シューシェフの作品は…

 

 

ピンチョス

 

 

和風ピザ

 

 

命の水はアルザスの…ロゼかな…白かな……

 

 

 

ホームシアターは…

 

「わたしは、ダニエル・ブレイク」

 

 

2016年制作のパルムドール受賞作です。 💡 

 

 

英国における貧困層の実態を赤裸々に描いた作品。

 

 

失業手当、保険など社会保障の手続きの煩雑さは、

コロナ禍における日本の現状がオーバーラップしてきました。

 

 

移民系と思われる若い女性が、

二人の子供を抱えて(それぞれ肌の色が違うので、別々の夫との間の子か?)生きていく難しさ。

それに寄り添おうとする主人公の葛藤。

 

 

親子ほど年の離れた男女の、よくある年の差婚的恋愛表現はいっさいありません。

 

 

自分の失業手当さえもらえない主人公が、必死に若い女性の家族に手を差し伸べます。

その健気で義侠心溢れる姿に胸を打たれると同時に、

「お前ひとの世話どころじゃないやろ!」と…なにやら哀れさを禁じえません。

 

 

現在英国のアングロサクソンは少数派になったそうです。

今や人種のるつぼと化した英国が抱える社会問題に対し、ストレートにメスを入れた佳作でした。

 

 

採点は4.0の高得点‼

 

 

 

 

 

 

ノエル

「ボクはおとうたんと晩酌できれば…それだけで幸せだじょ…」