社長のブログ

2020/06/16
③「パリの灯は遠く」

 

 

↓コレは仕出し屋さんのお持ち帰りじゃないですよ。

 

妻シューシェフの作品です。

 

 

この日はノンアルコールでホームシアター

 

「パリの灯は遠く」

 

 

私の一番好きな俳優・アラン・ドロンが初めてカズデミー劇場に登場。

 

 

銃を持たない、人を殺さない、アラン・ドロン。

 

 

自分の名をかたる男のためにユダヤ人と間違われ、

階段を転げ落ちるように人生が一変してしまう男を好演しています。

 

 

果たしてアウシュビッツ送りから逃れられるのか…

 

 

ラストシーンは必見ですよ。

 

 

娯楽性は少ないけど見ごたえ十分 3.4 💡 

 

 

 

 

ノエル

「ボクもラストシーンにはビックリして…こんな格好になってしまったじょ…」