社長のブログ

2020/06/11
③「男たちの挽歌」

 

 

この夜のシューシェフの作品は…

 

 

ピンチョス

 

 

グルテンフリーのシーフードパスタ

 

 

命の水はオーストリアの白にしました。

 

 

 

ホームシアターは…

 

「男たちの挽歌」

 

 

 

1986年の香港映画。

監督は巨匠ジョン・ウーで、フィルムノワールの金字塔という触れ込みでしたが…

 

 

 

ごめんなさい!

 

 

 

途中からずーっと笑ってました。

どうしてもコント映画にしか見えなかったのです…

 

 

 

なぜならば主役のチョウ・ユンファが、

あまりにもコメディアンの「劇団ひとり」に似ていたからです。

 

 

 

「劇団ひとり」が世に出る前に観ておくべき作品でした。猛省します。

 

 

 

追伸:弟役のレスリー・チャンも「木村一八」に見えて、

映画に没入するのをかなり邪魔してくれました。

 

 

 

 

一生懸命製作してくださった映画関係者や、ファンの方には申し訳ありませんが 2.8点献上でご勘弁ください。

 

 

 

 

 

 

 

ノエル

「ボクも映画の中のおじちゃんたちみたいに…ブスっと刺されたんだじょ…」