社長のブログ

2020/06/07
③「あの日のように抱きしめて」

 

 

この日のビストロ・シューは…

 

 

 

ピンチョス

 

 

メインはグルテンフリーのシーフードサラダでした。

 

 

手ごろな白ワインがなかったので、フランス・サヴォアのガメイを開けました。

 

 

ホームシアターは

 

「あの日のように抱きしめて」

 

 

 

主人公がナチスによって人生を翻弄されるドイツ映画。

ストーリーに少々無理があるものの、とても斬新な筋立てでした。

 

 

 

戦争によって妻が失ったのは「顔」だけでなけではなかった…

私がタイトルをつけるなら「もうひとつの顔」としますね。

 

 

 

初めは戦争で傷ついた顔をしていますが、

次第に傷が回復してきて、ニーナ・ホスの美貌がじわーっと出てきました。

 

 

 

途中、展開にイライラしますが、最後はスカーッとさせてくれます。

 

 

劇中唄われる「スピーク ロウ」の調べが耳から離れません。

 

 

 

採点は 合格ラインの3.4点でした 💡 

 

 

 

 

 

 

ノエル

「ボクにはこの映画は少難しかったじょ…」