社長のブログ

2020/05/23
③「女神の見えざる手」

 

 

・「戦うロビイスト」と言うことですが、女性主人公(ジェシカ・チャステインが好演)の横柄なこと‼

パワハラは男だけの特権ではないようですね。

 

 

 

・ストーリーは彼女ひとりで巨大利権組織に立ち向かうんですが、

普通でしたらイケメンのハリウッドスターが助けに現れるところですが、それも彼女には全く不要。

ひとりできりきり舞いさせます。

 

 

 

・筋立ては正統派のサスペンス映画として楽しませてくれます。

監督のジョン・マッデン(「恋におちたシェイクスピア」)の芸域の広さを見ました。

 

 

 

・もう少し主人公女性の心の中にメスを入れたら、さらなる名作になっていたかもです。

 

 

得点3.4(偏差値50)でした。

 

 

 

 

 

 

 

ノエル

「ボクは途中で寝落ちしてラストを見逃したじょ…ていうか最初から観てないけど…」