社長のブログ

2020/05/12
②逢い読書・「強い会社の教科書」

 

 

 

小山昇さんの書を読むのは何度目かになりますが

これもなかなか読みごたえのある経営指南書でございました。

 

 

 

もちろんコロナのずっと以前に書かれた本で…書棚で埃をかぶっていたのを引っ張り出したわけですが…

今のこの状況でも十分通用する内容でした。

 

 

 

私なりに要約すると…

 

 

 

・社長は「正しくなくてもいいから早く決断すること」=「将来を見据え、今なすべきことを迅速に決定する」。

 

 

 

・「金利が高くても額を借りる」(会社はキャッシュがあってなんぼのもの)

 

 

 

・「5つの柱を持つ」…全体売り上げの20%を占める柱を5本持つ。

 

 

 

・「善の経費を使う」…「善の経費」とはお客様(売上)が増えるための経費。

 

 

 

・社長は絶対に会社を潰してはならず、「社員の生活を守ると言う社長の責務」を全うせよ。

 

 

ガンガン響きました。

 

 

 

 

 

 

 

ノエル

「ボクの見解とほぼほぼ同じでちたね…」