社長のブログ

2020/04/22
「イングリッシュ・ペイシェント」

 

 

この日はステーキ・オン・ザ・サラダでした。

 

 

このビオがマリアージュ☆

 

 

ホームシアターは

イングリッシュ・ペイシェント

 

 

 

【作品紹介】

1996年 アカデミー賞12部門ノミネート

そして9部門獲得の大作です。

 

監督 アンソニー・ミンゲラ

 

主演 レイフ・ファインズ

   クリスティン・スコット・トーマス

 

助演 ウィレム・デフォー

   コリン・ファース

   ジュリエット・ビノシュ

 

 

 

【ストーリー】

第二次大戦下の砂漠を舞台にした悲恋を壮大なスケールで描いた官能叙事詩。

 

 

 

【見どころ】

・映画の説明に「官能」とつくと濡れ場ありですね。

 

・砂漠の映像や衣装は「アラビアのロレンス」を彷彿とさせました。

 

・ウィレム・デフォーがいい味出してました。特に拷問を受けるシーン…。

 

・コリン・ファースからクリスティン・スコット・トーマスと連続して登場するシーンは

アガサ・クリスティの映画を観る思いがしました。

 

 

 

【感想】

・よく鳴り物入りで現役大リーガーが来日するも、ほとんど活躍できないパターンがありますが、本作もそれかなあ…。

 

・この映画の良さがわからない私はどこかおかしいのでしょうか???

アカデミーの受賞数にまどわされてはいけないと思うんですが、

時々アカデミーはわからない選出をしますよね。

 

・無駄な濡れ場(決して嫌いじゃないですよ。むしろ好き)のお陰で3度の寝落ちから復活できました。

ただし、寝落ち3回のおかけでただてさえ長い映画が軽く3時間越えとなりました。

 

 

【採点】 3.2 ゴメンなさい

 

 

 

 

 

 

ノエル

「この作品の良さがわからないとは…おとうたんはまだ子どもでちゅね……ボクは二人の悲恋に泣けてきまちたよ…ワーン‼」

 

4.22 pm5:32

 

 

 

前田Pとのサービス開発の打ち合わせも済んだので、

これからステイホームに入ります。

 

 

 

みなさん良い夜をお過ごしください 💡