社長のブログ

2020/03/31
ホームシアター・「真実の行方」

 

 

 

この日の夕飯はノンアルコールで和風プレートでした。

つまり休肝日と言うことでした。

 

 

 

 

そしてホームシアターは【真実の行方】(Uネスクト)

 

 

 

本作は1996年アメリカのサスペンス映画です。

 

監督 グリゴリー・ホブリット

 

主演 リチャード・ギア

この頃は脂が乗りきってた時代で堂々たる座長芝居でした。

 

またアカデミー主演女優賞を二度も獲得した

フランシス・マクドーマンド(「ファーゴ」「スリービルボード」)が抑えた演技で精神分析医を演じています。

 

しかし、この大物たちの演技を食ってしまったのが…

エドワード・ノートン(アカデミー賞助演男優賞ノミネート)。

とても映画初出演とは思えませんでした。

 

 

 

ストーリーはシカゴで大司教が惨殺され、

侍者のアーロン(エドワード・ノートン)が逮捕されます。

 

貪欲な弁護士マーティン(リチャード・ギア)は名誉のため無償で弁護を引き受け、

元恋人のジャネット(ローラ・リニー)と法廷で対決することになります。

 

そして、アーロンの精神分析医(フランシス・マドーマンド演)が驚きの事実をつかむのですが…

 

 

 

それにしてもこの作品はエドワード・ノートンの怪演に尽きますね。

目で演技のできる俳優です。

 

「バードマン」でのクセのある演技の礎はもうこの頃にできていたんですね。

これからますます楽しみな俳優の一人です。

 

 

 

観終わって…

20年以上前の作品ですが、ファッション以外は古さを感じさせませんね(笑)

脚本と演技がしっかりしてるからでしょうか。

 

世の中のイヤなことを忘れさせてくれるエンターテイメント作品です。

 

最後に思うんですが…リチャード・ギアと小泉元首相そっくりですね…。

 

 

 

 

 

 

ノエル

「さあおとうたん…映画が終わったら一緒に寝るじょ寝るじょ…」

 

 

3.31 am9:10

 

 

今日は葬儀司会と外回りの一日…

 

 

それでは行って参ります‼