社長のブログ

2020/03/14
ホームシアター 「バードマン」

 

遅ればせながらNetflixで観ました。

2015年のアカデミー賞受賞作品。

 

 

 

何と言っても主演のマイケル・キートンが素晴らしい 💡 

 

 

 

作品そのものが彼の人生を表しているようで、

彼のために造られた作品と言っても過言ではありませんでした。

 

 

 

当然主演男優賞を取っているものと思ってググってみると、なななんと受賞を逃していました。

 

 

 

では見事オスカーを手にしたのは誰かと言えば…

「博士と彼女のセオリー」のエディ・レドメインでした。

 

 

 

そうかホーキンス博士に持っていかれたか…納得 💡 

実にハイレベルの争いだったんですね。

 

 

 ■ここからネタバレあります…

 

 

それにしても主人公のトムソンがアドラーの「承認欲求論」を知っていればと思いますね。

他人の目を気にしすぎて不幸に陥っていきます。

 

 

 

また監督のイニャリトゥに興味を覚えたので

「レヴェナント」「バベル」「21g」などを追っかけてみようと思います。

 

 

 

ところで思わせぶりなラストシーンですが私はこんな風に解釈しました。

 

 

 

①実はすでに舞台で死んでいて、病室のシーンは娘の空想であった。

 

 

 

②あれほど求めていた世間の喝さいを手にしたため、

満足しながら病室の窓から飛び降りていたが、

娘は父が大空高く飛び立って逝ったように感じた…。

 

 

 

色んなイメージが広がる味わい深い名作でした。

 

 

 

 

 

 

ノエル

「ボクはラクビーの方がおもちろかったじょ…」

 

3.14 am6:39

 

 

雨も上がりそうですね。

 

 

 

このところノエちゃんがベッドにもぐりこんでくるので、夜中に時々目が覚めてしまいます。

 

 

 

おまけに窮屈で身体が痛い

なんせ腕枕を要求しますからね(笑)

 

 

 

さて、ただいま3件のお仕事を拝命しています。

 

 

 

それではこれから出勤の準備に入ります。