社長のブログ

2019/12/12
熱田神宮

12月7日 

 

宮崎八幡宮氏子総代会と青年部御一行様は

最初の目的地名古屋市の熱田神宮に到着しました。

 

 

主祭神は三種の神器のひとつ「草薙の剣」。

ご存知のように、スサノオがヤマタノオロチを退治した際、

その尻尾から出てきたのが「草薙の剣」と言われています。

 

 

 

その後、東征の旅に出るヤマトタケルに授けられ、

東征の帰りに立ち寄った尾張の国のミヤズヒメに一旦預けたものの、

伊吹山の神を討ち取れず、息を引き取ることになったので

熱田の地に祀られるようになりました。

 

 

都会の真ん中に6万坪と言われる敷地を有し、

そのシンボル的存在になっているのが

樹齢千年を超える「大楠」です。

 

この日も熱心に手を合わせる人がたくさんおられました。

 

 

↓コチラは宝物殿。

戦国時代の刀剣など歴史的価値のある遺物が数多く展示されていました。

 

 

もちろんご朱印もしっかりいただきましたよ。

 

 

 

御一行様の集合写真。

みなさんにぎやかで、チームワークのいい一団です。

 

 

ノエル「ボクも参拝にいきたかったなあ…肉球だけど柏手の音が出せるんだじょ…」

 

ただいま12月12日 AM7:27です。

 

さて今日から恐怖の忘年会9連戦のスタートです。

さわやかに乗り切ろうと思います。

 

お仕事は アルテ桜ヶ丘 アルテ宮崎駅東 アルテ高洲 に拝命しております。

 

数ある葬祭ホールの中からアルテをお選びいただいたことに感謝しながら

本日も誠を尽くしてご奉仕いたします。