社長のブログ

2019/11/25
ミッチー情報

11月25日 pm2:57

 

今日も朝からばたばたしておりました。

 

まず、週初の書類チェックから始まり…

 

新入社員を対象とした「社長アカデミー」の講師を務めました。

 

第1回のテーマは「葬儀の意義」「葬儀スタッフに求められる資質」などについて2時間講義しました。

 

その後ランチをはさみ、虹の家に移動し店長・渡辺とラジオ出演の打合せ。

 

今、ようやくひと段落したところです。

 

ところで今夜から本格的な忘年会のスタート。

 

今年はすでに21試合が組まれています。

 

 

お仕事は現在アルテ高洲に拝命しております。

 

 

さて、下の写真ですが…

 

このところ音信不通だった神戸のミッチーから最新情報が寄せられました。

 

実は彼は大変な試練を経験しておりました。

 

今年の2月、サッカーの練習中にひざに大けがを負い

救急車にて搬送され即手術。

 

3か月の入院・治療の末5月のGW明けに一時退院。

 

その後、経過を看て再手術。

 

正式に退院できたのは5月の下旬でした。

 

この頃はサッカー人生はもとより、合格を決めていた関学への入学すら危ぶまれる状況でした。

 

 

そして、学友たちより2カ月遅れでキャンパスに立ったのが6月の声を聞く頃でした。

 

それからは膝のリハビリと出遅れた授業の単位を取り返す日々。

 

あっと言う間に前期が終わり、

夏休みは帰省して取り逃した運転免許を取得することに専念していました。

 

すべてのカレンダーが半年遅れとなっていました。

 

そして、後期になって医療機関でのリハビリも終わり、

勇躍大学サッカー部の入部トライアウトを受けましたが…

 

現実はそうそう甘いものではありませんでした。

 

半年のブランクは想像以上に大きく、

敢え無く不合格となりミッチーのサッカー人生も終わりかと目の前が真っ暗になりました。

 

本人も3日間誰にも合わずにひきこもったそうです。

 

しかし、持ち前の負けず嫌いの虫が騒いだのか

このたび新しい道を見つけたようです。

 

それは地元神戸の社会人サッカーチーム・西宮FCの門を叩くことでした。

 

まだ正式入団ではないようですが、

練習に参加し、週末のデビュー戦ではロングシュートも決めたとか。

 

これからは学業、バイト、そしてサッカー漬けの大学生活を送るそうです。

 

さらに来春には、恥を忍んで1学年下のメンバーに交じって、

もう一度入部トライアウトに挑戦すると決心しました。

 

ミッチーとサッカーの新たな旅が始まりました。

 

 

↓新チームで支給されたユニフォームは、

奇しくもサッカーを始めた小学生の頃のチームと同色で

しかも背番号も同じだったそうな。

まさに1からのスタートですね。

 

 

 

キャンパスライフも謳歌してるみたいです。

 

 

 

 

アパートには常に友だちが転がり込んでるとか(笑)

 

 

 

ノエル「ミッチーよかったなあ…今度はボクとかけっこするじょ…」