社長のブログ

2019/10/15
別れの風景

 

祭壇前に寂しく佇む1着のドレス。

 

本来でしたら予定されていたご子息の結婚式に故人がお召しになるはずのものでした。

 

華やかなデザインが、むしろ悲しみをそそっていました。

 

きっと当日は故人になり代わって、このドレスが披露宴会場のお席に着くことでしょう。

 

お仕事は現在 アルテ大淀 アルテ宮崎駅東に拝命しております。

 

 

 

 

 

ノエル「おかあたん…今朝は寒むかったでちゅね…お布団を冬物に変えてくれていてありがとちゃん…」