社長のブログ

2016/12/15
② 司会席にて…

 

先日、同業者である内藤葬祭さんの会長様の合同葬に際し、司会のご指名をいただきました。

2か月連続、同業者さんからのご指名でしたが、正直申して全く自信はありませんでした。

 

しかし、だらだらと尻込みしていてもご迷惑になるので、

業界の先輩に対して、ご恩返しのつもりでお引き受けした次第です。

 

でも、かなり不安いっぱいでしたので、補佐として中嶋部長を同行させました。

業界にも通じており、このようなときは最も頼りになる存在です。

 

009007

 

さて、お通夜は1時間半に及ぶ長丁場となりましたが、それぞれが亡き会長を偲んでおられ

人情味にあふれたお人柄が改めて偲ばれました。

 

 

私はと言えば、青太を走り終えて式場に到着すると、

ご遺族へのご挨拶やお参りもそこそこに司会席に急行。

 

 

まずはアンプなど放送機材のチェック。

なんせメカに弱いうえ、初めて立つ司会席なだけに念入りにチェックしました。

 

 

司会席からの死角や、スピーカーの位置確認などが基本中の基本です。

 

ある程度、雰囲気に慣れたら初めて実際マイクを使ってテストをします。

このときにマイクやスピーカーのクセを把握します。

 

更にCDプレーヤーの操作や音響効果のチェック。

マイクボリュームとのバランスなどを確認。

 

更に、ご遺族とシナリオの打合せ。
特に同業者さんですと、そのホールのセールポイントはどこかお聞きして

アナウンスに取り入れるよう配慮します。

 

後は経験と度胸で勝負です。

 

不測の事態があっても決してあわてないこと。

 

汗をかきながら涼しい顔で勤めることが肝要です。

 

 

しびれるような緊張の中での司会…

亡き会長様の私に対する最期の教えだったのかもしれません。