社長のブログ

2016/09/16
(2) 葬儀豆知識 「焼香の回数」

お香を焚く回数は宗派ごとに微妙に異なります

例えば…

真言宗なら3回

浄土宗は1回でも2回でもかまいません

浄土真宗本願寺派(西本願寺)は1回

大谷派(東本願寺)なら2回

曹洞宗は2回

日蓮宗は 1回 または 3回 などです

更に宗派によっては 

つまんだお香を額の所におしいだく作法と

そうでない作法など様々です

皆様がご葬儀に参列された場合

お導師様や葬儀社から 特別な指導がない場合は

心をこめて1回だけお焼香されてはいかがでしょうか

それは 大勢の方が参列している場合など

時間が大幅にかかってしまうことがあるからです

またお香によっては 大量の煙が出て

参列者の喉を傷める場合もあります

もちろん 形も重要ですが

なにより大切なことは 故人を敬う心

そして ご遺族をいたわる心です

真摯に故人やご遺族を思いながらお参りをするお姿は

見る者の心を打つものがあります。